新型コロナウイルスにかからない・うつさないために

感染予防と拡散予防

感染は咳やくしゃみ、会話中に飛ぶ飛沫を直接吸うことにより感染する飛沫感染と、ウイルスがついたところを触った手を介して、口、鼻、目から感染する接触感染があります。
接触感染は、手洗いしていない手で顔に触れないことでほとんど防げます。

手洗い

最も重要な対策です。帰宅時、学校や会社の部屋に入る前、マスクを外した時、調理の前、食事前に手洗いをして下さい。

石鹸:普通の石鹸でも感染予防に効果があります。1回15秒を目安に手をこすってから流水でよくすすいでください。2回繰り返すと効果的です。
参照:『手洗いの仕方

消毒液:手全体が濡れる量を取り、乾くまで擦り込んでください。
参照:『手洗いの仕方 消毒液

アルコールジェル:適量を取り、乾くまで擦り込んでください。
参照:『手洗いの仕方 アルコールジェル

マスク

  1. 予防効果は直接の飛沫を防ぐことなので、3つの密を避けていれば必ずしも必要ありません。
  2. 飛沫を飛ばすことが防げるので、感染している可能性がある場合は必ず使用してください。
  3. 汚染されたマスクは感染の原因になります。マスクに触れた手でそのまま顔を触らないでください。
  4. 布マスクなど再利用するものは毎日洗ってください。

布マスクの洗い方

  • ①合成洗剤もウイルスに効果があるので標準濃度の衣類用洗剤にマスクを10分間浸し、軽く押し洗いをした後水道水でためすすぎをしてください。ここまでで十分ですが、心配であれば②、③を行ってください。
  • ②塩素系漂白剤15mlを水1Lに溶かし、手袋をしてマスクを10分間浸す。
  • ③水を2回は取り替えてためすすぎをする。
  • ④清潔なタオルに挟んで水分を取り、干す。

参照:『マスクの洗い方 花王衛生科学情報

室内環境の整備

  1. 人の間隔を2m以上開ける。対面はできるだけ避ける。
  2. 常時換気が望ましい。締め切っている場合は30分に1回、5分以上換気する。
  3. 人が触れる場所をできるだけ頻回に消毒する。

目次へ戻る

TOPへ