新型コロナウイルス検査キットについて

コロナ検査キットについて

検査キットの種類

検査キットとして売られているものにはPCR検査キットと抗原検査キットの2種類があります。
PCR検査キットは自分で採取した検体を検査機関に送って判定してもらうものなので、結果が出るのに1日から数日かかります。
抗原検査キットは研究用と医療用の2種類があり、15分か30分で結果がでます。医療用として販売されているのは抗原定性検査キットのみで、薬局で薬剤師に説明を受けてからでなければ買えません。研究用とは診断を目的としていないため精度の保証はなく、粗悪品も出回っています。研究用には抗体検査キットもあります。

検査キットの意義

もともとの使用目的は発症時にそれが新型コロナウイルスによる症状であるかどうかを確認することにあります。PCR検査は感度が高く公的な陰性証明にも使用されます。どちらの検査も検体採取時の陰性を確認できますが、検体の採取方法や採取時期により偽陰性となる可能性があるので陰性であっても注意が必要です。
症状が出てから本人が検査キットを買いに行くのは感染を広げる可能性があるので、止めてください。コロナ感染をうたがう症状が出た場合は医療機関に受診することが最善です。

検査キットの判定

判定を正確に行うためには正しく使う必要があります。使い方を薬剤師にきちんと確認してください。 検査の陽性、陰性はその時点で他人に感染させるだけのウイルス量があるかないかの判断です。どちらの検査でも陽性であれば症状が無くても感染させるウイルス量があります。
一方陰性の場合は、感染していてもウイルス量が少なく発症していない偽陰性の場合があるため、他人に感染させる可能性が低いと判断できるのはPCR検査で検体採取から3日まで、抗原定性検査は採取日1日のみです。
症状がある場合、発症2日目から9日以内の有症状者については、抗原検査キットとPCR検査の結果の一致率が高いことが確認されているため、陰性の場合はコロナ感染の疑いは低くなります。それ以外の時期では感染していてもウイルス量が少なく陰性となる場合もあるため、確定するためには追加でPCR検査が必要となります。

陰性証明に使えるか

海外渡航に関しての陰性証明は検査キットでは有効期間の関係でほぼ取得できません。
ワクチン・検査パッケージを適応している自治体では、PCR検査で検体採取から3日以内、抗原定性検査は採取日1日のみ陰性証明が認められます。それ以外の場合もこの規定に準ずることが多いようです。

検査キットの使いどころ

症状がある場合は受診して検査してもらうのが基本です。陽性になった場合や濃厚接触者に該当した場合基本的には保健所から指示があります。しかし、流行期にはそもそも受診ができなかったり、保健所の機能が滞って濃厚接触者に連絡が来なかったりすることがあります。そのような場合に自分の状態を知るために検査キットを使用することは有用です。
また、同居家族が濃厚接触者になった時や集まりなどに参加するときに自分が感染源となって人にうつさないか心配な時に検査キットを使うこともよいと思います。

目次へ戻る

TOPへ